• バセドウ病治療中の育毛薬の使用について

    2016年4月18日

    バセドウ病は血液中の遊離甲状腺ホルモンの濃度が高くなることで起こる病気で、特に20~40代の女性がかかりやすりと言われています。甲状腺ホルモンにはチロキシンとトリヨードチロニンの2種類のホルモンがあり、このどちらか一方または両方が上昇することでバセドウ病になります。症状として月経異常、精神不安、微熱...

    記事の続きを読む