使用しやすい育毛薬を選ぼう

男性用と女性用の育毛薬の違いは刺激なのか

薄毛の原因は男女によって異なるので、育毛薬も男性用と女性用に分かれます。
女性はホルモンバランスの崩れと栄養不足による頭部全体の抜け毛が薄毛の特徴です。特に産後や閉経後の抜け毛に悩む人が多いため、女性ホルモンに似たイソフラボン等や栄養成分を配合した育毛薬が中心です。また女性は肌が男性に比べると肌が敏感な人が多いため、保湿成分が含まれた低刺激であることが多いです。
男性は男性ホルモンの影響で皮脂が多く分泌され毛が抜けたり、おでこの生え際や頭頂部など局所的に薄毛になることが特徴です。そのため育毛薬は皮脂分解成分や男性ホルモンを抑制するものが配合された育毛薬が中心です。他にも抗菌作用や血行促進剤が配合されているものが多いので、刺激がありさっぱりとした使用感があるものが男性用の特徴とも言えます。
刺激がある方がなんとく頭皮や薄毛対策に良さそうだと思い女性でも男性用を使用する人がいるかもしれませんが、抜け毛の原因は男性と女性でメカニズムが異なるので、効果があるとは限りません。女性ホルモンが減ったから同じように男性ホルモンを抑制するではなく、イソフラボンなどで女性ホルモンを増やす、という方が女性の抜け毛には効果があるとされています。男性も同じで、女性ホルモンを増やせば抜け毛に効果がある、という訳ではありません。また育毛薬には男性でも女性もで使用できるような男女兼用タイプの物がありますが、そもそも抜け毛の原因が異なるので自身に効く成分が異なります。男女兼用だからといって、どちらにも効果があると思うのではなく、使用されている成分を確認してみましょう。今の自分に合うものをしっかりと見極めて使用することで、抜け毛に効果を発揮することが出来ると考えます。